導入事例TESTIMONIALS

クラウド利用による効率運用で人事評価のPDCAが実現

PRIMO JAPAN CO., LTD.公式サイト

璞琳夢鑽石股份有限公司 様

宮田智崇 総経理

業種ブライダルジュエリーの企画、販売
評価対象人数約150名
職種BtoC営業、BtoB営業、営業管理

「上司と部下がしっかりと向き合う機会を創り出せる」

抱えていた課題

  • 忙しくて評価業務がまわらない
  • 人事評価のPDCAが形骸化
  • 信頼できる相手かどうか

導入後の成果

  • クラウド利用による効率運用
  • 成長のための進捗確認ができる
  • 実績に裏打ちされた力強さ

「コンピリーダー」を導入しようとしたきっかけはなんですか?

評価のPDCAをまわし目標と成果をしっかり議論

弊社では設立当初から既に『コンピテンシーマスター』を用いた評価制度を採用しています。しかし、従業員の増加に伴い徐々に『ルーチン化』しているのではと感じるようになりました。そこでもう一度現場を自分自身の目でチェックしたのです。 見えてきたのは現場主義を貫くあまリ、トッププレイヤーがマネジメントを兼務していること、加えて人事部が評価管理を手作業で行っており、ともに業務過多に陥っていることでした。すなわち、PDCAサイクルの 『Do』進捗確認の時間が業務に忙殺され形骸化していたのです。評価者と被評価者が向き合い共に目標や成果をしっかりと議論できる環境の再生を狙っています。

「コンピリーダー」を導入した結果として期待されることはなんですか?

評価者と被評価者が向き合う時間の確保

評価業務の負荷軽減、評価に至るまでのデータ管理の精度向上、進捗確認や査定におけるフィードバックのスピードアップが可能になると見込んでいます。

「あしたのチーム」をお選びいただいた理由はなんですか?

人事評価制度の重要性に共通認識がもてたこと

あしたのチームが推奨する評価制度は、高橋董事長が弊社の親会社であるプリモ ・ ジャパン社に在籍していた際に携わられたという経緯もあって設立当初から採用していました。制度に関する見識と重要性を共有できたということが大きかったです。また、クライアントと明日之團が一緒になって現状の問題点を解決していこうという強い気持ちで評価制度の精度向上に取り組んで頂き、強い信頼関係が築けました。